正しいビジネスマナーとは

>

ビジネスにふさわしい服装とは

印象をよくするために

誰だって会社では、いい印象を持たれたいですよね。
そのためには、服装を意識してください。
才能や技術を持っていても、服装が乱れていると悪い印象を与えます。
正しい服装をすることも、ビジネスマナーなので理解してください。
会社によって、服装に関する決まりは多少異なります。
ですが、派手な服装が禁止されていることは、ほとんどの会社に共通します。

普段着で出社することが許されている会社もあるでしょう。
自分が普段着ている服を調べて、派手な人は仕事用の服を買ってください。
過度な露出をしている服は厳禁です。
女性はスカートを履くのは構いませんが、膝丈のものを選びましょう。
膝上のミニスカートは、仕事をする時にふさわしくありません。

髪の毛や爪も見られている

服装だけ意識すればいいと、油断している人が見られます。
しかしもっとビジネスマナーは細かいので、髪の毛や爪も確認してください。
前髪が長い人は切るか、ピンで留めましょう。
目にかかる前髪は長いと判断されます。
目が見えていないと、相手に表情をわかってもらえません。
また暗い印象を与えるので、マイナスに見られることが多いです。

長い爪は不衛生なので、ビジネスにふさわしくありません。
接客業をしている人は、お客さんと接する時間が長いです。
その時に身だしなみが乱れていると、悪い印象を持たれます。
いい印象を与えることで商品を購入してくれたり、サービスを受けてくれると思います。
お客さんは爪まで細かく見ているので、短く切りましょう。


TOPへ戻る