正しいビジネスマナーとは

>

これから仕事を進めるために必要

ビジネスにふさわしい言葉

敬語を使えない人は、次第に信頼されなくなってしまいます。
新入社員のうちに、敬語を覚えなければいけません。
どんな時でも、目上の人に対して敬語を使ってください。
これまで敬語を使う機会がなかった人は、いきなり勉強しても覚えられないかもしれません。
前もって、敬語の使い方を勉強しましょう。
また年齢が下でも、立場が上の人がいる可能性があります。

その場合も敬語を使って話しかけてください。
基本的に会社では、ずっと敬語を使っていると安心ですね。
何度も繰り返し使っていれば、敬語で話すことが癖になります。
相手に失礼な態度を取らないように、気をつけて会話をしてください。
ビジネスマナーを知ってから、仕事に臨みましょう。

文章を作成する時も同じ

仕事で取引先にメールを書いたり、書類を作成したりすることがあるでしょう。
その時も、敬語を使わなければいけません。
友人にメールを送る感覚で、仕事のメールを作成しないように注意してください。
敬語の使い方が間違っていると、相手がメールの内容を間違って捉えてしまう可能性があります。
会話がすれ違うとトラブルの原因になるので、自分の敬語が正しいのかよく返してください。

焦ってメールを作成して送信すると、間違っていることに気づけません。
特に新入社員の頃は、敬語に慣れていないので不安だと思います。
少し時間がかかってもいいので、メールをゆっくり作成してください。
見直しをしてから送信すれば、失礼な文面になることは避けられます。


TOPへ戻る