新入社員に求めるビジネスマナーって?

正しいビジネスマナーとは

これから仕事を進めるために必要

みなさんは、正しい敬語を知っていますか。 これまで正しいと思っていた敬語は、間違っているかもしれません。 間違った敬語は、相手に失礼な態度を取ってしまいます。 トラブルを起こさないよう、新入社員はまず敬語を覚えなければいけません。 正しい敬語を理解しましょう。

目上の人には敬語を使って話そう

才能を持っていても、ビジネスマナーを知らない人は仕事を与えられません。
ビジネスマナーを理解してから、仕事に取り組むことを意識してください。
敬語を使うことは、基本です。
会社には様々な年齢の人がいます。
自分より、年上の人もいるでしょう。
年上の人と会話をする時は、敬語を使わなければいけません。
また、年齢は年下だけれどポジションは上の人がいます。
その場合も、敬語を使ってコミュニケーションを取ってください。

服装も、マナーに含まれます。
派手な服装は、仕事をする時にふさわしくないでしょう。
ビジネスにふさわしい恰好をしてください。
自分は、会社の代表になっているという意識を忘れてはいけません。
自分の姿を見られることで、会社の印象が悪くならないか考えてください。
すると、ふさわしいビジネスの格好がわかると思います。

コミュニケーションを取ることも、ビジネスマナーに含まれます。
会社では、仲間と一緒に協力して仕事を進めていきます。
それなのに誰とも会話をしないままでは、仲良くなれません。
親しい関係になっていれば、困ったことが訪れた時に協力を求めることができます。
コミュニケーションを取る意識を持ってください。
こちらから人に話しかけるのが難しい人は、あいさつをすることから始めてください。
あいさつをすれば、返してくれると思います。
そこから会話が広がるので、自然と仲良くなれるでしょう。
元気よく、ハキハキとあいさつをしてください。

ビジネスにふさわしい服装とは

服装も、マナーの一部だと覚えてください。 乱れた服装をしていると、自分の印象が悪くなります。 さらに取引先の人に見られると、自分だけでなく、会社全体の印象が悪くなると覚えておきましょう。 自分の服装が原因で、取引を中止されてしまうかもしれません。

コミュニケーションを取ること

自分の力だけでは、仕事を十分進めることができません。 仲間と協力することで、初めて仕事が成立します。 ですからコミュニケーションを取る意識を持ってください。 日頃からたくさん会話をすることも、ビジネスマナーになります。 いざという時に協力を求められるよう、関わりましょう。

TOPへ戻る